クリニックのご案内

東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山7F
・表参道駅より徒歩2分
・渋谷駅より徒歩10分

0120-017-768
0120-017-768

(11:00~20:00/年中無休)

フォトフェイシャル







・外部刺激から肌を守る
・肌の潤いを保つ

シミ、くすみ、キメの乱れ

表皮層は内側から基底層、有棘層、顆粒層、角質層に分けられます。表皮の一番下の基底細胞層で新しい表皮細胞が作られ、その後、約14日間で表皮の一番外側に届いて角質層となります。その後、一定期間その場に留まり、約14日で垢として剥がれ落ちていきます。これが「肌のターンオーバー」です。

ターンオーバーは早すぎても遅すぎても肌トラブルの原因となります。
顔を洗いすぎたり、角質ケアばかりしているとターンオーバーが早まってしまい、未熟な細胞のまま表面に押し上げられた状態となります。水分を保持することが難しく乾燥したり、刺激をしっかりと防ぐことができないので、肌荒れバリア機能の低下が起こります。

一方、加齢とともにターンオーバーのサイクルが長くなると、垢となって剥がれ落ちるべき角質が皮膚表面から剥がれ落ちず、古い細胞が溜まり続けると、角質層は次第に厚く固くなっていき、肌は透明感を失ってくすんでいきます。

メラニン色素の分解 ターンオーバーの正常化

メラニン色素に直接反応してシミを改善するレーザー・光治療
 ・フォトフェイシャル
 ・レーザートーニング
 ・アキュチップ
 ・Qスイッチレーザー

ターンオーバーを正常化して、メラニン色素の排出を促進、古い角質を除去する  
 ・くすみ改善ピーリング
 ・イオン導入
 ・細胞再生治療
  〜ステムセルメソポレーション〜
 ・水光注射

・肌の弾力やハリを保つ
・栄養や酸素を隅々まで届ける
・老廃物の排出

シワ、たるみ、くま

真皮層には線維や毛細血管、リンパ管などが詰まっていて、表皮層を支えて酸素や栄養素を送り込んだり、老廃物を排出しています。
真皮は、皮膚の強度を保ちハリをつくるコラーゲン(膠原線維)、皮膚の弾力性を保ちぷるぷるの肌をつくるエラスチン(弾力線維)、1gで6ℓもの水分を保持し潤いのある肌をつくるヒアルロン酸からできています。

これら真皮の主要成分を作り出し、肌の土台となるもっとも重要な細胞が「線維芽細胞」です。老化や紫外線などのダメージにより、線維芽細胞が衰えて働かなくなると、コラーゲンやエラスチンが減少したり衰えて緩んでしまうことで、表皮を支えきれなくなり、肌表面の弾力は失われて、皮膚のたるみやシワが現れます。

線維芽細胞の 活性化・補充

熱エネルギーによって線維芽細胞を活性化する、レーザーによるたるみ治療
 ・サーマクールCPT
 ・タイタン
 ・スキンタイトII
 ・ウルセラリフト(1.5mm)


成長因子によって線維芽細胞を活性化する、再生医療によるたるみ治療
 ・W-PRP療法
 ・細胞再生治療
  〜ステムセルメソポレーション〜
 ・培養上清療法


自分の元気な線維芽細胞を増やし、活性化させて補充する肌の再生医療
 ・線維芽細胞移植療法









皮膚(表皮・真皮)が原因のたるみ
真皮層のコラーゲンやエラスチンが劣化し切れて細くなり、肌のハリが失われて、皮膚のたるみが現れます。水分を抱えボリュームを保っているヒアルロン酸が減り、真皮は薄くなります。 加齢とともに真皮を支えるコラーゲンとエラスチンが緩み、ハリと失った真皮は表皮を支えきれなくなり、たるみやシワが現れます。
脂肪層が原因のたるみ
脂肪層と皮膚や骨の間には、細かな無数の線維組織があり、脂肪層が重力でズレ落ちてしまわないよう、しっかりと繋いで固定しています。しかし、脂肪層と皮膚や骨をつなぐ線維組織が伸びてしまったり、脂肪と脂肪の間のネット状のコラーゲン線維の組織が伸びてしまうことで、弾力が失われ、脂肪を支えることができなくなり脂肪層のたるみが現れます。
筋肉が原因のたるみ
皮膚の土台になっている筋肉が衰えたり弛んだりすることで、皮膚や脂肪を支えられなくなり、たるみが現れます。加齢により筋肉が萎縮して小さく細くなることで、顔の表情を作り出す筋力も次第に衰え、だらりと弛んだフェイスラインになってしまいます。
皮膚や脂肪層を支える筋肉の衰えは、たるみを引き起こす最も大きな原因となっています。






ウルセラリフト
たるみの原因は顔全体の土台ともいえる、SMAS筋膜と皮下組織を構成するコラーゲン線維の劣化が主体です。これまでのように、表皮から真皮といった浅い部分への施術ではたるみを引き上げることができません。 ウルセラリフトは、世界で初めて、SMAS筋膜と皮下組織、真皮の3層に働きかける超音波式リフトアップ治療器です。3層に点状の熱凝固点を作り、コラーゲン線維を収縮させ、大量のコラーゲン線維を再生させます。現時点では最も強力で効果の持続期間も長いリフトアップの最高峰照射機器と言えます。

サーマクールCPT
サーマクールCPT肌深部に高周波の電気的な熱エネルギーを加え、コラーゲンの生成を促進して皮膚を若返らせる治療です。お肌を土台である真皮の結合組織を作り替えてたるみを引き締める〈タイトニング〉効果に優れています。 施術直後の効果はフェイスラインや頬を引き締めてすっきりした顔痩せができます。さらに約3ヶ月かけてお肌の真皮の結合組織を作り替えていくため、無理なく自然にたるみを改善して、お肌全体を若返らせます。

タイタン
加齢と共に、フェイスラインがぼやけ、頬のたるみや二重あご目立ち、全体的に四角い輪郭になってきます。タイタンはこれらの原因である、劣化し伸びてしまったコラーゲン線維を、近赤外線の熱で太く収縮、再生させ、コラーゲン密度を高めることができます。

スキンタイトII
強力な冷却システムとスクエアパルスにより、皮膚表面を十分に保護しながら、皮膚深層に短時間に十分なエネルギーを与えていきます。マッサージ効果のある照射法で老廃物を排出し、むくみを解消してすっきり引き締めます。コラーゲン線維の弾力性低下による、ハリ・弾力性の低下、たるみを引き起こす皮膚の糖化も抑制します。



治療方法 タイタン スキンタイトII サーマクールCPT ウルセラリフト
エネルギー レーザー・光 高周波(ラジオ波) 超音波
深達イメージ
ターゲット層 表皮層〜真皮層 真皮層〜皮下脂肪 真皮深層〜筋膜(SMAS層)
たるみの種類 皮膚のたるみ 脂肪層のたるみ 筋肉のたるみ
たるみの改善度 ★★ ★★★
効 果 ハリの改善 肌質改善 リフティング効果 キュッと引き締まる タイトニング効果 小顔効果 引き上がるような リフトアップ効果
温 度 55〜61℃ コラーゲン収縮と 生成に適した温度 55℃以下 コラーゲン収縮と 生成に適した温度 60〜70℃ コラーゲン生成に もっとも適した温度
熱の伝わり方 一定の範囲を 立体的に加熱 一定の範囲を 立体的に加熱 決まった深さにだけ ピンポイントに加熱
痛 み ほとんど痛みを感じない 振動によって痛みが緩和 部位により熱感を感じる 部位により熱感を感じる
効果の持続 約1ヶ月 約6ヶ月 6ヶ月〜1年
治療頻度 月に1回 半年に1回 1年に1〜2回
ダウンタイム な し ほとんどなし ほとんどなし
効果の現れ方 【即時的】熱収縮により治療直後から引締めを実感。コラーゲンを増やして肌質が改善し、肌のハリがUP 【即時的】熱収縮により治療直後から引締めを実感【長期的】3ヶ月〜半年かけてコラーゲンの再構築が行われ、治療後6ヶ月程リフトアップ効果が続く 【即時的】熱収縮により治療直後から引締めを実感 【長期的】3ヶ月〜半年かけてコラーゲンの再構築が行われ、治療後6ヶ月〜1年程リフトアップ効果が続く
安全性 米国FDAで安全性と 効果が認められている カナダHPFB、 米国FDAで安全性と 効果が認められている 米国FDAで唯一「リフトアップ」効果がある医療機器として認可




1. 老化速度を遅らせ、若返りを実現
近赤外線や高周波、超音波などのエネルギーを用いて真皮層を加熱し、即時的な熱収縮作用で強力な引き締め効果をもたらし、同時に再生を始めます。熱エネルギーによって変性したコラーゲンを新しく置き換えて数を増やそうとする創傷治癒の働きで、線維芽細胞を刺激して長期的にコラーゲンやエラスチンの再生を促します。肌のハリが蘇り、たるみを引き締め、その状態が長くキープされます。治療後は肌の老化速度を遅らせることができます。

2. たるみだけでなく、肌質も改善
フェイスリフト手術は一番効果の高いたるみ治療ですが、当然手術の翌日から少しずつ加齢による衰えは進んでいます。手術では肌質まで変えることはできないからです。これに対してレーザーによるたるみ治療は、自分自身の細胞を刺激し自然治癒力を利用してたるみを改善していく治療です。たるみの改善とともに、肌のハリやキメ、毛穴の引き締めやツヤ感といった肌質も改善していくことができます。

3. 施術時間が短く、痛みが少ない
切開を伴うフェイスリフト手術に比べ施術時間が短く、痛みも少なく肌や体への負担がほとんどありません。施術後にすぐにお化粧をして帰ることができるため、忙しい方にも気軽にお受けいただけます。

4. ダウンタイムがほとんどない
メスや注射を使わないレーザーによるたるみ治療は、腫れや内出血などのダウンタイムがほとんどなく、シャワーや洗顔、メイクなど、すぐに通常の生活ができます。たるみの引き上げ(リフトアップ)や脂肪の引き締め(タイトニング)の効果が高く、それでいてとても自然な変化ですので、周囲に治療を受けたことを気づかれることはありません。

5. 高い安全性と確かな効果
ウルセラリフト、サーマクールCPT、タイタン、スキンタイトIIは、開発までに何万件もの診療実験を重ね、その有効性や安全性が立証され、FDA(米国食品医薬品局=日本の厚生労働省にあたる米国の行政機関)の承認を受けた、安全性と効果が認められている医療機器です。

ウルセラリフトは、FDAで初めて「Eye brow lifting(=眉毛のリフトアップ)」の効果がある医療機器として認められ、2012年には「首とあご下のたるみ治療」の効果でもFDAに承認されました。 サーマクールCPTは、 FDAおよびHPFB(カナダ健康製品食品局)から承認され、全世界50ヶ国以上ですでに190,000以上もの症例実績があります。 タイタンは、FDA承認および「シワ治療器」としてヨーロッパでCEマーク(EU内で販売される、安全や健康を保護する安全規格に合致した製品に付与されるマーク)を取得。カナダでは一般皮膚科用としての承認を得ています。