クリニックのご案内

東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山7F
・表参道駅より徒歩2分
・渋谷駅より徒歩10分

0120-017-768
0120-017-768

(11:00~20:00/年中無休)

目の下のくま・たるみ

シミ・ソバカス・肝斑とは

シミの多くは紫外線による光老化が原因です。数年~数十年前に無防備に浴びた紫外線ダメージが、肌や体の老化ととともにシミとなって現れてくる老化のサインです。紫外線の他にも、加齢によるターンオーバーの停滞や精神的なストレス、ホルモンバランスの乱れ、摩擦や外傷、ニキビ痕などもシミの原因となります。
一口に「シミ」といってもその種類は様々です。生まれつきあるソバカスやあざ、生活の中でできてきたシミや肝斑など、それぞれの症状や原因に応じた治療を行うことが大切です。

光老化のメカニズム

紫外線をほんの数分間浴びただけでも肌はダメージを受けます。これが数年~数十年積み重なり、紫外線を浴び続けることで、シミやシワ、たるみなどを引き起こしてしまいます。これを「光老化」といいます。
太ももの内側やお尻などほとんど紫外線を浴びない部分の皮膚はやわらかくツルツルしていて、若い人の肌も年齢を重ねた人の肌もそう変わりません。しかし、手の甲や顔の皮膚では、年齢によって肌の状態が大きく変わってきます。このことからも、紫外線が肌の老化に深く関係していることがわかります。
紫外線の本当の怖さは、すぐに赤くなったり黒くなったりするのではなく、長い年月をかけて蓄積されて起きてくる肌の変化「光老化」にあるのです。

シミができるメカニズム

[1] 紫外線を浴びてメラニンができる

紫外線を浴びると、表皮にあるメラノサイトに信号が送られ、メラノサイトが活性化してメラニン色素が生成されます。

[2] ターンオーバーにより、メラニンを排出

表皮の最下層にある表皮細胞は、約28日かけて皮膚表面に押し上げられ、通常は垢となって剥がれ落ちていきます(ターンオーバー)。紫外線を浴びてできてしまったメラニン色素も、ターンオーバーによって排出され、次第に剥がれ落ちていきます。

[3] 大量のメラニンが沈着してシミができる

メラニン色素の生成が排出よりも過剰になったり、ターンオーバーのサイクルが乱れたりすることでメラニン色素の排出が滞ると、大量のメラニン色素が皮膚に留まり沈着してシミができてしまいます。

graph

シミの種類

image

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

30代、40代以降に顔・手の甲・腕などの紫外線にあたるところにできる濃い褐色の境界明瞭なシミです。ソバカス状の小さなものや大きな丸いものがあります。紫外線に長期間さらされたことにより、皮膚の表皮細胞が光老化し、メラノサイトを活性化して過剰なメラニンを作らせます。今あるシミは5〜20年前に紫外線にあたった影響が出ていると考えられます。

image

肝 斑(かんぱん)

肝斑は日光性のシミ(老人性色素斑)とは異なり、特徴としては、主に両頬や額に左右対称性で境界があり、地図のようにべったりとして見えるシミです。30〜40歳以上の女性に多く見られます。肝斑はくすみや日光性のシミと重なっている場合も多く、肉眼で分かりにくいことがあります。原因として、紫外線、妊娠、出産後など様々で更年期、ピル内服中などに出現したり季節により増悪することがあります。
フォトフェイシャル施術のみでは改善が緩徐で、レーザーの種類により逆に濃くなる場合もあり、治療には時間を要します。

image

雀卵斑(じゃくらんはん)

子供の頃から現れる遺伝的な要素が大きい比較的浅いシミです。小さな茶色いシミが鼻を中心に左右の頬に対称に現れます。顔だけでなく、手や背中、肩、デコルテにもできることがあります。

image

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

ニキビや火傷、虫刺されやケガなどの炎症が原因で起きる色素沈着です。皮膚で強い炎症が起きた後に、その修復過程で皮膚が黒くなる現象で、メラノサイトが活性化してメラニンを過剰に生成、色素沈着を起こします。火傷の治癒後やかさぶたが取れると、一旦は正常な皮膚が出てきますが、その後は約50%の割合で炎症後の色素沈着症が起こります。
ニキビなどにより皮膚が炎症を起こすと、皮膚を守ろうとメラニン色素が大量に生成されます。ニキビが治ると、その痕がシミのように色素沈着するケースが高くなります。

image

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)[遅発性太田母斑様色素斑]
(ちはつせいおおたぼはんようしきそはん)

20~30代の女性に多く出現します。加齢や日焼け、ホルモンバランスの崩れにより悪化します。両頬の上部や目の下を中心に増えてくる小さな茶色または青味がかった色素斑で、アザの一種です。
肝斑、雀卵斑、老人性色素斑などの他の種類のシミを併発している場合が多く、併発しているシミの種類によって、内服や軟膏治療が必要となる場合があります。

シミの治療方法

ご予約・ご相談はお気軽にどうぞ。

メディアージュクリニック青山 0120-017-768

(診療時間)11:00〜20:00 (休診日)年中無休

メールでのご相談・お問い合わせ ホームページからのご予約申込
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山7F
[アクセス] 東京メトロ表参道駅より徒歩2分 / 渋谷駅より徒歩10分
青山通り沿い・青山学院大学向かい 1Fはスイーツショップ「ピエール・エルメ」