月経移動(生理調整)| メディアージュクリニック(表参道、博多、名古屋)

お問い合わせ

お電話でのご予約・ご相談は

毎日11時~20時 土日祝も受付

メールでのご予約・ご相談は

24時間受付

休診日

青山院
なし
福岡院
なし
名古屋院
火曜日・水曜日
  • TOP>
  • 毛髪再生

女性の薄毛治療

髪で悩む女性が増えています

ヘアサイクルの乱れが薄毛を招きます

ストレスや生活習慣の乱れなどによって、ホルモンバランスや自律神経が正常に働かないと、頭皮の血行が滞り、髪を成長させる〈毛乳頭〉や〈毛母細胞〉に栄養が行き届かず、発毛を阻害してしまうと考えられています。
ヘアサイクル(毛周期)に異常をきたすと、成長期の期間が短く、休止期が長くなります。それに伴い毛髪が太く成長する前に抜けてしまうので、徐々にボリュームが減り地肌が目立つようになります。

女性の薄毛には種類があります。

びまん性脱毛症

薄毛、抜け毛で悩む女性の中でもっとも多い薄毛症状がびまん性脱毛症です。男性とは異なり部分的ではなく毛髪全体が薄くなるのが特徴です。目に見える症状が出るまでに徐々に進行するので気づきにくく、気づいたときにはかなり進行しているケースもあります。原因を取り除くことで改善する可能性が高いといわれている脱毛の症状です。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、髪の毛や地肌が引っ張られることが原因で起こる抜け毛で、若い人でも起きやすい脱毛症です。ヘアスタイルがいつも同じ分け目だったり、ポニーテールやお団子ヘアなど、髪の毛を引っ張るような髪型を続けていると、毛根がダメージを受けて分け目や生え際が薄くなります。

分娩後脱毛症

妊娠中から出産後にかけてホルモンのバランスが乱れることにより、一時的に抜け毛が増えることがあります。分娩後脱毛症は他の脱毛症とは異なり、時間の経過とともに治癒するもので、通常は半年から1年ぐらいで自然に回復します。高齢出産など体力の回復に時間がかかる場合は症状の回復も遅くなったり、完治が難しくなったりする場合もあります。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は、ホルモンのバランスの乱れなどにより皮脂が過剰に分泌され、それが毛穴を塞いでしまって毛根や毛穴周辺部に炎症が起こり、その結果髪が抜けるという脱毛の症状です。脂漏性皮膚炎を引き起こす場合もあるため、早めの対処が重要です。

粃糠 ひこう 性脱毛症

乾燥した大量のフケが出てくることでフケが毛穴を塞いでしまい、そこに常在菌のマラセチア菌が大量増殖して炎症や痒みが起こり、その結果髪が抜けるという脱毛の症状です。軽く髪の毛に触れただけでもフケがポロポロ落ちたり、シャンプーをしてもフケが出てきます。

円形脱毛症

円形脱毛症は年齢・性別を問わず誰にでも起こる可能性があります。円形に脱毛する突発性の脱毛症で、小さな場合は自然治癒することも多いです。一般的には、強いストレスが原因で起きると考えられてきましたが、近年では、髪の毛根組織に対する免疫機能の異常が原因とする説が有力です。

女性の薄毛の原因

加 齢

年齢とともにだんだん髪のハリやコシがなくなり、抜け毛や白髪、薄毛など、さまざまな変化が現れます。これは誰にでも訪れる加齢による髪の変化です。年代ごとに女性の髪の悩みを見てみましょう。

髪の密度のピークは20歳、髪の太さのピークは35歳といわれ、その後は密度・太さともに徐々に低下していき、30代後半くらいからは髪のうねりも目立つようになります。40代頃から加齢に伴う髪質の低下が目立ってきます。女性ホルモンのバランスの乱れや血流の低下などによるエイジングサインです。

女性ホルモンのバランス

女性の薄毛の原因は、主に血流の低下とホルモンバランスの乱れです。出産後や更年期世代にはホルモンバランスが大きく変化します。

女性ホルモンのエストロゲンには、次の働きがあります。

女性ホルモンのエストロゲンには、髪の毛を発達させ、髪の毛の成長期を持続させるという働きがあります。しかし、エストロゲンは20代~30代をピークに、50代になると急激に減少します。このため、髪の成長期が短くなり、休止期のほうが長くなって、抜け毛や薄毛が目立つようになります。

ストレス

ストレスはホルモンのバランスや自律神経の働きを乱してしまいます。その結果、頭皮の血行が滞り、髪を成長させる〈毛乳頭〉や〈毛母細胞〉に栄養が行き届かず、発毛を阻害してしまうと考えられています。ストレスは仕事などから起こる神経の疲れや、十分な休息が取れない場合などに溜まりがちになります。

食生活・過度のダイエット

規則正しくバランスのよい食生活は、体調はもとより頭髪や地肌の健康にとって重要な要素です。中性脂肪、コレステロールの多い食事を続けているとドロドロ血液になって、頭部の血行不良を引き起こす原因となります。頭皮の栄養状態は毛髪の栄養状態に直結しており、脱毛を引き起こす原因になります。過度なダイエットや偏った食生活は頭皮に悪影響を及ぼします。

女性のための薄毛治療を行っています。

治療の流れ

① 頭部の写真撮影

治療の経過状況を判断するために、治療前の頭部の写真撮影を行います。ご自分では見ることが難しい頭頂部や後頭部の状態を目で見て確かめていただけます。 

② 診察

医師による診察を行い、頭皮や毛髪のお悩み、食生活や生活習慣などを伺い、総合的な診断を行います。
毛根・頭皮の状態を見るため、頭皮チェックを行います。

③ 血圧測定

血圧測定を行い、体の状態を判断します。投与する薬が体に与える影響がないかについて検査します。

④ 治療開始

検査結果のご説明後、患者様の状況にあった治療方法を決定し、治療を開始します。
頭皮に直接薬液を注入する施術治療、内服薬・外用薬の処方などがあります。

治療方法

ミノキシジル 2%
(外用薬)
毛髪の育毛を促進させるとして医学的な効果が実証されているミノキシジルを頭皮に直接塗布します。ミノキシジルは毛母細胞に直接働きかけ、血流を増やす作用があります。血流を増やすことにより、毛根に栄養が多く行き渡り、髪の成長を促します。
FDAが育毛剤として公式に認可している成分です。
リポゲイン
(外用薬)
ミノキシジルとアゼライン酸の配合による相乗効果で発毛を促進させます。女性用としては高濃度のミノキシジル3%を使用。アゼライン酸は脱毛原因物質(DHT)を強力にブロックする成分です。レチノールはミノキシジルの浸透性を高めます。
プレピレングリコール不使用で、頭皮のかゆみや湿疹等のアレルギー反応が起こりにくい薬剤です。
ミノキシジル
(内服薬)
毛髪の育毛を促進させるとして医学的な効果が実証されているミノキシジルの内服薬です。頭皮の血行が促進され、毛細血管から毛乳頭が十分な栄養を得ることができるようになり、頭頂部や生え際の発毛が促進されます。外用薬に比べ内服薬の方が吸収率が高く、より高い発毛効果が期待できます。
パントガール
(内服薬)
パントガールは、女性の薄毛(びまん性脱毛症・分娩後脱毛症)や抜け毛を改善し、発毛を促す内服薬として、世界で初めて効果と安全性が認められた薄毛治療薬です。
生え際や分け目が薄く見え、全体の毛髪が薄くなるなど、女性の薄毛特有の症状を改善します。
スピロノラクトン
(内服薬)
スピロノラクトンは、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)が毛包や毛母細胞に働きかけるのを阻害することで、抜け毛を防止します。スピロノラクトンは、抜け毛を防ぐだけでなく、乱れたヘアサイクルを改善させ、健康な髪の毛を生成するのに大切な成長期を長くする効果や、毛髪を新しく生成する効果があります。
発毛ビタミン ミネラル
(サプリメント)
女性の薄毛・抜け毛の一因は、栄養不足やストレス、血行不良やホルモンバランスの乱れといわれています。頭皮環境を整え、健康な毛髪を作るための有効成分を積極的に摂ることが大切です。
〈ビタミン類〉ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、ビオチン、ナイアシン。
〈ミネラル〉亜鉛、セレン、クロム
メソセラピー法 幹細胞を培養した後の培養上清液には何百種類もの成長因子が含まれており、毛髪再生に有効とされています。この上清液を直接頭皮に注入して発毛機能を蘇らせる治療です。ヘアサイクルが乱れ休止期状態になっている毛母細胞を刺激し、細胞分裂を促して成長期へ移行します。ヘアサイクルが正常化されることで、発毛や産毛状の軟毛が太くコシのある硬毛にしっかりと育つようになります。
エレクトロ ポレーション法 幹細胞を培養した後の培養上清液には何百種類もの成長因子が含まれており、毛髪再生に有効とされています。この培養上清液と、発毛の有効成分をカクテルしたものを、針を使わずに大量に注入して発毛機能を蘇らせる治療です。
痛みや刺激のない治療です。

 

 

薄毛治療はメディアージュクリニック青山院でお受けいただけます。

男性型脱毛症(AGA)の治療も行っております。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

ご予約はこちらより
お電話でのご予約・ご相談はこちら