クリニックのご案内

東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山7F
・表参道駅より徒歩2分
・渋谷駅より徒歩10分

0120-017-768
0120-017-768

(11:00~20:00/年中無休)

更年期障害

更年期障害について

更年期障害はどんな人にもいつかは訪れます。更年期障害という症状はなんとなく 理解していても実際自分が更年期障害であるということに気づいている人は多くはありません。体がだるい、やる気がおきない、めまい、食欲不振・・・ 特別体が不調なわけではないけど、体調がいいわけではないと感じはじめたら、それは更年期障害かもしれません。 更年期障害の些細な症状だから大丈夫と放っておいたら、実は他の病気だったということもありますので、気になる症状が現れたら、まずは医師に相談してみてください。 更年期障害についての正しい知識をもって、早めの治療や予防を心掛け、更年期を快適に乗り切っていきましょう。

更年期障害とは

閉経前後の約10年間を更年期といい、女性の体と心に様々な変化・症状が起こります。年齢的には45~55歳くらいがこれにあたります。 加齢とともに卵巣機能が衰え、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が低下します。それに伴い、ホルモン分泌の中枢である下垂体から卵胞を刺激する卵胞刺激ホルモンの分泌が上昇します。下垂体から刺激が出ても、卵巣がそれに対応できないというアンバランスな状態が生じることで、体温や呼吸、血圧の働きなどを調整し、喜怒哀楽などの感情の動きをつかさどる脳の視床下部に影響を与え、心身にさまざまな不快な症状を引き起こします。これらを総称して「更年期障害」と呼びます。 更年期の症状は個人差が大きく、まったくなんの何も感じないまま過ぎてしまう人もいれば、日常生活に支障をきたす程の人もいます。

更年期障害の症状

体の症状 のぼせ  ほてり  動機  発汗  膀胱炎  膣炎  月経の乱れ
皮膚の乾燥  肩こり  頭痛  めまい  しびれ  冷え性  骨粗しょう症
心の症状 不安 不眠 イライラ 情緒不安定  無気力  無感動

更年期障害の検査

更年期障害を診断するためには、専門医による診察と血液検査・尿検査を行います。女性ホルモンや甲状腺ホルモン、ガン腫瘍マー カー、肝機能・腎機能・脂質、貧血の検査などを行い診断します。 検査は更年期障害の症状が現れてから受けるのではなく、普段から婦人科検診やガン検診などの定期健診を受けておくことが大切 です。加齢とともに更年期障害だけでなく様々な病気のリスクが高まり、肌や身体の衰えも加速していきます。定期的な健診で健康 状態を検査することが、病気の早期発見・早期治療にもつながります。それにより症状が軽いうちに治療したり、また症状が現れ るのを予防することもできます。

基本検査[女性] ガン腫瘍マーカー 8,000円
肝機能・腎機能・脂質
ホルモン検査[女性] 貧血・その他の検査 尿検査 7,500円
女性ホルモンセット
基本検査+ホルモン検査/初回時 甲状腺ホルモン 15,500円

更年期障害の治療

ホルモン補充療法

メディアージュクリニック青山では、ガンや心血管系疾患のリスクのない天然型ホルモンによる治療を行っています。
更年期障害の原因であるホルモン分泌の急激な下降がなだらかに行われるように、不足している少量のエストロゲンを補い、体が無理なくホルモンの減少についていけるようにするのがホルモン補充療法(HRT)です。 更年期症状であるほてりや発汗、不眠、イライラ、腟の萎縮などの症状の緩和だけでなく、骨粗鬆症、動脈硬化など生活習慣病の予防に大きな効果があります。

更年期症状の緩和だけでなく、美容や生活習慣病の予防にも欠かせない女性ホルモン

女性ホルモンは、更年期症状であるほてりや発汗・不眠・イライラ・腟の萎縮などの症状の緩和だけでなく、更年期後の骨粗鬆症や動脈硬化など生活習慣病の予防、美肌の維持にも大きな効果があり、欠かせない大切な存在です。
閉経後は女性ホルモンが急激に減少するため、心身に様々な不調が現れます。皮膚は水分量・コラーゲン量が減り、乾燥して薄くハリがなくなります。さらに骨は密度が急激に低下するため骨粗鬆症のリスクが大きくなります。
ホルモンの補充によるほんの少しのサポートで、これら肌の老化は抑えられ若々しさを保つことができます。しかも女性ホルモンは骨密度を増やしますので、骨粗鬆症の予防にもなります。

女性ホルモン補充とガンのリスク

1960年にアメリカで始まった、エストロゲン(卵胞ホルモン)を単独で投与するエストロゲン療法は、すばらしい効果をもたらす一方で、子宮体ガンを発生・進行させる副作用が問題とされました。「ホルモン補充療法はガンになる」といわれるのは、その頃の記憶が残っているからではないでしょうか。

現在はプロゲステロン(黄体ホルモン)を同時に投与すれば、子宮体ガンを防げることがわかり、問題は解決しています。 ただし、子宮を摘出した人の場合、エストロゲンのみを使用するのが一般的となっています。 こうした方法でなら、逆に治療を受けている人の方が子宮体ガンにかかりにくいことが判明しています。子宮体ガンは閉経後から増えてくるガンですが、女性ホルモン療法を受けていると、発生率は2分の1から3分の1に低下します。

ガンや副作用のリスクのない、天然型ホルモンで生活の質を向上

更年期以降の心身の健康と美容に重要な役割を果たす女性ホルモンですが、どれでも同じではありません。使用するホルモンが自然由来のものか、化学合成されたものかは、とても大切なポイントです。 一般に婦人科で処方されているホルモン剤は化学合成された薬で、長期的に様々な副作用のリスクを伴います。 

これに対し『天然型』のホルモンとは、元々私たちの体の中にあるホルモンを指します。 天然型のホルモンであれば乳ガン・子宮ガンのリスクを上げない、心血管系に関わるリスクを増加させない事がわかっています。 むしろ、生活の質を高める目的で行うことの有用性が唱えられていることも見逃せません。

残念なことに、日本では天然型のホルモン補充はまだあまり知られていないのが現状です。 女性の健やかでよりよい生活のために、当院では天然型で治療を行い、女性のQOL向上(より快適な生活)をお手伝いいたします。

漢方薬

漢方療法は全身の状態を整え、体の変調に対する調整力を高める働きなどによって、ホルモンや自律神経の乱れを整え、不快な症状を和らげるのに大変効果的です。乳ガンや子宮内膜症の手術をしてホルモン補充療法ができない方や、ホルモン補充療法を希望しない方、閉経前で女性ホルモンがそれほど減っていないのに不定愁訴が現れている人などの強い味方となります。

ご予約・ご相談はお気軽にどうぞ。

メディアージュクリニック青山 0120-017-768

(診療時間)11:00〜20:00 (休診日)年中無休

メールでのご相談・お問い合わせ ホームページからのご予約申込
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山7F
[アクセス] 東京メトロ表参道駅より徒歩2分 / 渋谷駅より徒歩10分
青山通り沿い・青山学院大学向かい 1Fはスイーツショップ「ピエール・エルメ」