MEDIAGE

医療法人社団MEDIAGE日本酸化療法研究会会員

メディアージュクリニック青山
▼表参道駅B2出口より徒歩2分・渋谷駅宮益坂口より徒歩10分

血液クレンジングとは

約100mlの血液を採取し、そこに医療用オゾンを溶解させて、活性化した血液を再び体内に戻す治療法です。定期的におこなうことで理想的な体質改善をはかり、病気を予防・改善して全身的な若返りを実現します。

大きな病気をすることなく2001年に100歳となり、その後逝去された英国皇太后が、老化予防に週2回のオゾン療法を受けていたことでも有名で、その安全性・有効性は広く認知されています。

こんな方にオススメ

《疲労の症状が長く続き、なかなか治らない方》 《健康診断の結果が良くなかった方》 ・ 肩こり、冷え性、頭痛
・ 疲れやすい、疲れがぬけない ・ 太りやすく、痩せにくい方 ・ アレルギーの改善
・ イライラ、ストレス ・ メタボ、肥満 ・ 肌老化の予防・改善
・ 寝付きが悪い、ぐっすり眠れない ・ 血圧が高めの方  (シミ・くすみ・シワ・たるみ・くま)
・ 体の調子が悪い、体が重い ・ 中性脂肪、コレステロールが高めの方  
  ・ ドロドロ血液をサラサラに ・ 免疫機能を活性化して、病気予防
    ・ 老化予防

適用疾患

ヨーロッパではオゾン治療の専門病院があり、心臓疾患や虚血性疾患に対しては保険適用にもなっています。
老化予防や動脈硬化、ガン治療にまで応用されている血液クレンジング。肝炎やHIVのウイルスの増殖を抑えるために用いられたり、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患の後に行われています。老人性網膜変性疾患、アトピー性皮膚炎などアレルギー・自己免疫疾患にも用いられます。 免疫力を上げる作用に優れ、ガンの補完療法として外科手術後に使用されています。
・ 動脈硬化 ・ アトピー性皮膚炎 ・ 白内障、緑内障
・ 高脂血症 ・ 花粉症 ・ 加齢性黄斑変性症
・ 狭心症   ・ ガン
・ 心筋梗塞 ・ 更年期障害  
・ 脳梗塞 ・ 冷え性 ・ パーキンソン病
・ 糖尿病 ・ 下肢静脈瘤 ・ アルツハイマー病
  ・ リウマチ ・ 痴呆 

血液のはたらき

血液は全身の細胞に栄養やホルモン、酸素を運び、不要な老廃物を回収する、体温を維持するなどの役目があります。 血液がドロドロ状態になると流れにくくなり、血管を傷つけたり、塞いでしまうこともあります。栄養や酸素、体温がきちんと行き渡らなくなって全身の機能も低下します。免疫は低下し次第に健康が損なわれ、抗酸化力が低下して血管の老化が進み、いずれ脳梗塞や心筋梗塞、ガンを引き起こしてしまいます。

きれいな血液が全身をくまなく循環し、これらをスムーズに行うことにより、健康な身体と美しい肌がつくられ、そしていつまでも変わらない若々しさを維持することができます。 反対に、血液の汚れや血液循環が滞ることで、老化や病気を引き起こしてしまうのです。 血液クレンジングを行うと、酸素飽和度の非常に高い、抗酸化力に優れた新鮮な血液になります。赤血球が変形し、くっつきあってドロドロになっていた血液が、元の正常な形に戻り、サラサラになり、全身すみずみまで、新鮮な血液が行き渡るようになります。


若さのかぎ『抗酸化力』を
高めて、病気と老化を防ぐ

血液クレンジングを行うことで、血液やリンパ液が浄化され、活力が回復して疲労を感じにくくなります。活性酸素を除去して、ストレス解消につながります。新陳代謝も活発になり、肉体的にも精神的にも若返りを促進します。 さらに、免疫細胞を活性化させ細胞内ATP濃度を上げることによって、病気が治りやすくなり、再発の予防や老化防止にも効果があります。

血液クレンジングの作用

《スーパー赤血球》が身体の末梢にまで行き渡り酸素化されると、細胞が刺激されて活性化し動き出します。 それにより私たちの体には実に多彩な効果がもたらされることが明らかになっています。
   
 ・ ATP産生を促しエネルギーを増産  疲労回復、スタミナの増強
 ・ 血管内皮に作用し、強力な血管拡張物質である一酸化窒素を合成 血流が増加し、冷え性、肩こりなどが改善
  脳への血流増加は認知症などにも効果的
 ・ 赤血球に働き酸素化、流動性の向上 血液がサラサラになり細胞が活性化。動脈硬化を予防
 ・ 抗酸化酵素であるグルタチオン、SOD、カタラーゼなどを増産 体内の酸化を防ぎ、健康な体に
 ・ リンパ球に作用してT細胞、B細胞、NK細胞を増加 免疫力を高めて、感染症やガンを予防
 ・ 再生能力をもつ骨髄幹細胞の稼働化 傷ついた臓器を修復

施術の流れ

  • 1. 所要時間は30~60分です
  • お一人の場合は点滴ルーム、ご家族・お友達とお2人の場合はペアルームでお受けいただきます。
  • 2. 約100mlの血液を専用のガラス容器に採取します
  • 体調などにより、血液の色や採取のスピードは異なります。
  • 3. 採取した血液に医療用オゾンを加え、オゾンガスを溶解させます
  • どす黒い血液が一瞬で鮮やかな赤い血液に変わります。
  • 4. オゾン化した血液を点滴の要領で10分~30分かけて体内に戻します
  • 頭がスッキリしたり、視界がクリアになったり、手足がポカポカしてくるのを実感していただけます。

定期的に行うことで更に高い効果を発揮します

1回の施術でも効果を実感できます

1回でも十分に効果はあります。冷え性の方などは、治療の最中から身体がポカポカと暖まるのを実感していただけます。また、指先や足先まで体全体に酸素を行き渡らせる効果があるので、脳と目にも酸素が行き渡り、治療をしている最中に視界がクリアになります。

回数を重ねることでより理想的な体質に近づきます

定期的に行うことによりご自分の体質そのものを改善して行くことができ、病気を予防・改善して全身的な若返りを実現します。健康な血液は全身の健康を保つだけでなく老化進行を食い止めます。

目的に応じてお受けいただけます

ガンの術後やウイルス性疾患の方の免疫力工場の目的の場合は、週に1~3回の治療が必要です。健康持続、老化予防、疲労回復の目的の場合は、1~2週間に1回の治療を続けることで効果が維持できます。理想的な治療ペースは、1ヶ月目は週1回、2ヶ月目は2週間に1回、3ヶ月目以降は月1回です。

料金について

(初回トライアル) 15,000

(初来院の方お2人なら、お1人様1回) 12,500

  • ※初めてご来院の方は、別途初診料がかかります(2000円)
  • ※表示価格は全て税抜価格です。会計時に消費税8%相当額を申し受けます。

現金支払いのほか、クレジットカード(VISA・MASTER・JCB・AMEX・DINERS)による支払いが可能です。クレジットカードのお支払い回数は、1回のみとなります。

Card List
0120-017-768

(診療時間)11:00~20:00 年中無休

よくあるご質問

効果に関するご質問

  • Q.1回で効果がありますか?
  • A.個人差はありますが、1回で実感する方はおられます。効果は続けることにより体質改善が望めます。
    初めて受けられる方の4割くらいの方は効果実感はありません。ただし、体感はなくても、体の中では血液クレンジングによる様々な作用が起きています。 代表的な作用は、全身の細胞の酸素化です。血液クレンジングにおけるオゾンの作用で、スーパー赤血球と呼ばれる赤血球に置き換わっていくために生じます。
    スーパー赤血球は従来の赤血球と比べて、酸素を全身の細胞に補給する力が生まれながらに圧倒的に優れているため、酸素不足で本来の働きを発揮できていない細胞に十分な酸素を補給するため、全身の細胞が活性化されるのです。これが、酸素化です。
    つまり、代謝の活性化、赤血球流動性の改善、エネルギーや抗酸化酵素の増産などが生じて、身体の予備力を上昇させることで病気になりにくい身体を作っていきます。
  • Q.具体的にどんな効果があるのですか?
  • A.冷え性・頭痛・肩こり・疲れ改善、その他免疫力アップが期待できます。
    高血圧、糖尿病、高脂血症、甲状腺機能低下、むくみ、腰痛、緊張性頭痛、肌荒れ、アトピー性皮膚炎、パーキンソン病、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、ガンなどに安定した効果が期待できます。
  • Q.たった100mlの血液で効果が出るのですか?
  • A.治療効果は大量でも効果が期待できるわけではなく、長年の研究・臨床データから100mlが理想量で欧米でもスタンダードな採血量です。
    血液クレンジングには、100〜270mlの血液を採取する「大量自家血オゾン浄化法」と、5〜10mlの血液を採取する「少量自家血オゾン浄化法」があります。これまでの臨床・研究から「大量自家血オゾン浄化法」では、採取する血液量は全血液量の2%、オゾン濃度は20〜80μg/mlが現在のスタンダードとなっています。 年齢や体力・体調などを考慮して低めからスタートし、効果を観察しながら2回目以降、採血量やオゾン濃度を上げていきます。
  • Q.効果はどのくらい持続しますか?
  • A.血液サラサラ等の効果は約3週間続きます。
    効果内容によっては初回の効果は1週間程度ですが、治療を重ねるうちに次第に長期間持続するようになり、効果も大きくなっていきます。
  • Q.血液クレンジングをすると痩せると聞きましたが、本当ですか?
  • A.オゾンは血中の脂肪成分にまず反応しますので、続けることにより中性脂肪低下も体脂肪低下も期待できます。
  • Q.どうして血液クレンジングをすると、冷え性が治るのですか?
  • A.血液にオゾンが反応すると酸素運搬能力の飛躍的に向上したスーパー赤血球による酸素化が進むことで各細胞の活性による産生エネルギーが上昇することと、血管が拡張し血液がさらさらになることで血流量が増加することにより手先や足先の冷え性が改善します。
    血液クレンジングは血管に作用して収縮していた血管を拡張させます。また血漿内の脂質を代謝・分解促進するなどが起こることでサラサラになって血流が改善します。
  • Q.血液クレンジングをすれば、ガンが治るのですか?
  • A.単独でガンの治療に使われるというより、他のガン治療と併用されたり、抗がん剤の代用にされたりする治療方法です。
    血液クレンジングによって一時的に発生する過酸化水素は正常細胞ではすぐに分解されて水に変わりますが、ガン細胞では過酸化水素は分解できずガン細胞を死滅させます。またガン細胞は酸素が多いところを嫌いますので定期的に続けることが必要です。
  • Q.何回やれば、効果が実感できますか?
  • A.最初の月は週1回、以降は月1回受けることで効果を実感される方が多いです。
    当院では、年齢や体力・体調などを考慮して低めからスタートし、効果を観察しながら2回目以降、採血量やオゾン濃度を上げていきます。このため、3回目以降くらいから効果を体感される方が多いようです。

施術に関するご質問

  • Q.初めて聞く治療ですが、副作用はないのですか?
  • A.ヨ―ロッパでは以前より取り入れられており治療法は確立しておりますので副作用の心配はございません。
    血液クレンジングは、ドイツで1957年にオゾン発生器が開発されて以来、ヨーロッパで30〜40年の長い歴史のある広く認知されてきた治療法です。
    この間、多くの医学的研究がなされ、有効性・安全性が確立されてきました。ヨーロッパでは保険適応になっている国もあり、また、イギリスでは王室で採用されているほど信頼のある治療です。
  • Q.他の人の血液と取り違えたり、感染しないか心配です。安全性には問題ないのですか?
  • A.施術開始に穿刺した後は、一度も針を抜くことなく専用ボトルに血液を採取して、そのまま医療用オゾンを加えた後、体内にオゾン化血液を戻すので、他の人の血液ととり間違えることは絶対にありません。
  • Q.治療に使うオゾンは、オゾン層のオゾンと同じですか?体に害はないのですか?
  • A.オゾン(O3)はオゾン層の成分と全く同じです。しかし医療用の器材を使用して純オゾンとして濃度・量を調節しますので害はなく体に有効に作用します。
    本来オゾンは非常に酸化力が強いものですが、採取した血液にオゾンを反応させた時点で、血液中のオゾンは消失しオゾンとしての毒性はなくなります。この状態で身体に戻しますので体にはオゾンは入りません。
    血液とオゾンを反応させて生じた酸化生成物が体の細胞を活性化するのです。
  • Q.血液クレンジングが受けられない人はいますか?
  • A.甲状腺機能亢進症とG6PD欠損症の方はお受けいただけません。 また、特に副作用の報告はありませんが、妊娠中の方は安全性を考慮して、治療をお受けいただくことができません。
  • Q.施術の際、痛みはありますか?
  • A.痛みは一般の点滴の針の刺激感のみです。
  • Q.血液クレンジングで使用する道具で、使い回しする物はあるんですか?
  • A.患者様の血液に関する物品はすべてディスポーザブル(使い捨て)になりますので、ご安心ください。
  • Q.どのくらいのペースで受ければいいのですか?
  • A.最初の月は週1回、以降は月1回受けることが理想です。
  • Q.人工透析と血液クレンジングって、何が違うのですか?
  • A.透析は働かなくなった腎臓に代わって、人工的に血液中の毒素を濾過し取り除いて、きれいになった血液を体内に送り返す治療で、全血液を浄化します。
    血液クレンジングは、約100mlの少量の血液をオゾン化することでスーパー赤血球による全身細胞の酸素化や免疫力の向上など様々な治療効果を出す治療です。
    血液クレンジングは循環改善、免疫力アップ等点滴後の体質改善が期待できます
  • Q.どのくらい時間がかかりますか?
  • A.血液クレンジングの施術時間は30分程度です。初めての方は医師の診察の後、血液クレンジングの施術を行います。ご来院いただいてからお帰りまでは1時間程かかります。

その他のご質問

  • Q.「体内を酸素化する」と言いますが、酸素化すると活性酸素が発生して、逆に体に良くないと思うのですが・・・?
  • A.酸素化することと、活性酸素の発生に関与する酸化は言葉の意味が違います。
    酸素化は、酸素を全身細胞に十分に供給し細胞の本来ある機能を最大限に引き出すことです。活性酸素の発生に関しては、オゾン療法で使用するオゾン濃度で発生する活性酸素は非常に微量で、血液と接触するとすぐに消失します。その後の二次反応で様々な治療効果を生む治療なので心配ありません。
    血液クレンジングの際に生じる活性酸素は一過性の適度な量です。一過性の適度な活性酸素は有害ではなく、むしろ赤血球の酸素運搬の改善や白血球の免疫活動を上げるために有効に作用します。
  • Q.大量の酸素を細胞の隅々まで供給して細胞の機能を向上させるという「酸素カプセル」で治療を受ければ、血液クレンジングと同じような効果が得られますか?
  • A.酸素カプセルは高圧にすることにより血液中の酸素濃度を単純に上げますが、血液クレンジングの場合、オゾンと血液が反応し酸素濃度が増えるのは同じですが、免疫力を上げる、血球の活動能力を増やす、活性酸素を除去するなどといった二次的な反応が期待でき効果が持続する点が酸素カプセルの効果とは異なります。
  • Q.肺を通って酸素がいっぱいになった血液とどう違うのですか?
  • A.心臓から全身に酸素の多い赤い血液を送り、末梢で酸素を消費して赤黒い静脈血になって、大静脈に合流し右心房に返ってきます。返ってきた血液は肺に運ばれ、酸素を取り込み左心房に返ります。これが「肺を通って酸素がいっぱいになった血液」です。

    一方、採血した血液にオゾンガスを暴露すると、酸素がヘモグロビンと結合して動脈血のように赤く鮮紅色なります。酸素化した100ccの血液が体内に戻ったからといって、全身が酸素化するわけではありません。 「酸素化した赤い血液」ということでは同じように見えますが、機能がまったく異なります。

    血液クレンジングの本質は、オゾンが血液と反応することで発生する活性酸素種(ROS=Reactive oxygen species)や過酸化脂質代謝物(LOP=Lipid oxidation prodacts)などの物質が体内で連鎖反応を起こすところにあります。

    この場合の活性酸素種はほとんどが過酸化水素(H2O2)で、それが赤血球、白血球、血小板に働きます。
    赤血球の2,3-DPGを上げるのでO2運搬能が改善し、末梢の虚血部に酸素を供給しやすい状態にします。白血球に関しては、インターフェロン-γやサイトカイン系を活性化します。血小板については、オータコイドと成長因子の放出、血小板凝集抑制反応によって、血液をサラサラにする効果などを引き出します。

    過酸化脂質代謝物は、血管内皮細胞でNO放出を増加させ血管を拡張します。骨髄に対しては、もともと2,3-DPGの活性が高いスーパー赤血球を生産させるといわれています。血液クレンジングを繰り返し行うことで、酸素運搬能の高い赤血球がどんどん増えていくということです。

    ※これらの活性酸素種は瞬時に消去されます

ドクター紹介

富島 隆裕

富島 隆裕

経歴
  • 1996年
  • 愛媛大学医学部卒業
  • 1996年
  • 大阪大学脳神経外科医局入局
  • 2005年
  • 大阪大学医学部脳神経外科、同大学院博士課程を修了
  •  
  • 美容クリニックにて院長、総院長を経て現職
資格
  • 日本抗加齢医学会認定専門医、日本脳神経外科学会認定専門医
専門
  • 美容外科、美容皮膚科、形成外科、皮膚科
所属学会
  • 日本抗加齢医学会、日本臨床抗加齢医学会、日本美容外科学会
  • 日本美容皮膚科学会、日本レーザー学会


0120-017-768

(診療時間)11:00~20:00 年中無休

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山7F
[アクセス]東京メトロ表参道駅B2出口より徒歩2分/渋谷駅より徒歩10分
青山通り沿い・青山学院大学向い 1Fはスイーツショップ「ピエール・エルメ」